生花ギフトの水揚げ方法

生花花束・アレンジメントが届いたら、「水揚げ」をしてあげましょう。きちんとお水をあげることで、お花がイキイキとし長く楽しめます。

フラワーギフト:花束・アレンジメントの水揚げ方法

花束・アレンジメントのお手入れ方法などお花に関する便利情報を思いつくままに載せてみました。ここに載せていること以外にも「こんなことが知りたい」ということがあれば、どんどんお問合せ下さい。

水切り---ほとんどの花はこの方法できちんと水を吸えるようになります

洗面器やバケツなどに水を張り、その中に茎をつけて根元から1〜2cmのところを斜めに切ります。切り口がつぶれてしまわないように、良く切れるはさみまたはナイフを使います

水折り---リンドウ、ブバリヤ、トルコキキョウ、キクなど

洗面器やバケツなどに水を張り、その中に茎をつけて根元から1〜2cmのところで折ります。

たたく、砕く---茎の硬い枝物などに

根元をハンマーなどで叩いて断面積を広げて水を吸いやすいようにします。

割る---茎の硬い枝物などに

叩いたり砕いたりできないときは、縦にはさみを入れて十文字に割ります。

逆水---マトリカリヤ、アザミ、キク、シャクヤク、キキョウなど -

葉の裏側から、葉っぱ全体に水が行き渡るように水をかけます。

深水---アンスリウム、アジアンタムなど

水にたっぷりつける方法です。アンスリウムは逆さにして花を、バラなどは新聞紙に巻いて花より下の茎や葉の部分を水につけます。

焼く---モクレン、ウメ、シャクヤクなど -

茎の根元から3cmくらいのところを切り口が炭化するまで焼き、すぐ水につけます。花に熱気があたらないように気をつけましょう

湯上げ---ワレモコウ、アジサイ、ストック、マーガレットなど

茎の切り口を10秒くらい熱湯につけでからすぐ水につけます。花に熱気があたらないように気をつけましょう
生花のフラワーギフト:水揚げ方法

Copyright© 2003-2010 フラワーギフトの宅配『Flower Shop花野果』All Rights Reserved.花ギフトの贈り物:Flower Shop花野果